ツイッター考 3 フォローリミット  (原文の翻訳)

フォロワーを増やすために、フォローを続けていると、突然、ツイッターからフォローリミットについて英語でこわいメッセージが届きます。私もついにこれにあたってしまいました。あとに続く方のために翻訳してみました。抄訳です。

--------------------------------------------------------------------------
Twitter has imposed reasonable limits to help prevent system strain and limit abuse.・・・・・

ツイッターはある理由からリミットに達しました。これはシステムを負荷から守り、悪用を制限するためです。もしあなたがこの技術的なリミットに遭遇したら、ブラウザの中にエラーメッセージとしてこれが表示されるでしょう。

技術的フォローリミット

我々は、あなたをフォローする人の数に対しては全く制限をもうけていません。しかし、あなたがフォローできるアカウントには制限を設けています。

すべてのアカウントは2000のユーザーをフォローすることができます。一度あなたが、2000ユーザーをフォローしてしまったら、それ以上にフォローできるユーザーの数には制限があります。このリミットの数はそれぞれのアカウントごとに違い、フォローされる数とフォローする数の比率にもとづいでいます。この比率がどれぐらいであるかについては公開していません。フォローリミットはツイッターによって引き上げられることはありません。すべての人はこのリミットにはしたがってもらいます。

このアカウントベースのリミットに加えて、すべてのツイッターユーザーは技術的に1日に1000以上を超えてフォローすることはできません。これはスパムアカウントからの悪用を防ぐための技術的な制限にすぎません。またアカウントは他人を攻撃的にフォローすることは禁止されています。

「リミットに達してしまったら、私はどうすればいいの?」

あなたが、アカウントベースの2000ユーザーというフォローリミットに達してしまったら、より多くのフォロワーがえられるまで待つ必要があります。フォローリミツトはシステムすべてに適用されており、サポートではこれを無効にしたり、調整したりすることはできません。

もしあなたが、もう少しのアカウントをフォローしたいということならば、今あなたがフォローしているいくつかのアカウントのフォローを解除することでできます。しかし、覚えておいて欲しいのはこうした日常的な大量のフォローとフォロー解除の繰り返しはツイッタールールの侵害であり、アカウント停止になることもありえます。

「なぜ、ツイッターはフォローリミットなんか設けているの、私をスパマーだとでも思っているの?」

フォローリミットに達したことは、あなたがスパマーなどと規定しているものではありません。これらの制限はツイッターシステムの能力と信頼性を改善し、誰にとってもツイッターがすばらしい場所でありつづけるためです。フォローリミットについてのもっと深い議論は別のページにゆずります。

10/03/13

ツイッター考 1 クライアントソフト

 ツイッターを本格的にはじめて2週間。本格的にというのは、ツイッタークライアントソフトを使ってということだ。それまではツイッターの基本機能でだけ使っていたが、これで追えるのはせいぜい10人くらい。それも勝間和代さんのように毎日何十ツイートも繰りだす人がいるとただちに行き詰まる。お友達の連絡ツールに使うという使い方もあるらしいが、積極的に情報をえたり、発信したりというときにはクライアントソフトは必須。

 クライアントソフトを使って便利なのは、自分の発言がリツイートされたり、リプライがあったりした時に簡単に知らせてくれることだ。これがないと自分への発言を見逃す。よく、リプライ送ってもまったく反応がない人がいるが、おそらくクライアントソフトを使っていない。だからタイムラインの下に自分へのリプライが沈みこんでしまうともはや発見できないのだろう。それともうひとつは、リスト毎にタイムラインを並列でならべてくれること。これでいくつかの話題を並行してみられるので、情報の整理がしやすい。友達からの「おはよー」と新聞社からの「ニュース」が同じタイムラインに流れたらやはり見にくい。

 クライアントソフトはいくつか試したが、結局Hootsuiteに落ち着いた。本ブログでも紹介しているので、ごらんのこと。Hootsuiteはブラウザから使えるので、私のように家と会社とモバイルで使うパソコンが違う人間には便利だ。どこへいっても同じ設定で使える。

01/03/13