« 縦書きの必然性 | トップページ | Static おじさん »

ついにWindows10

Windows10である。すでに去年の7月に発売されていたが、なにせWindows8でひどい目にあったので、様子を見ていたのだ。そろそろ、10のプレインストールマシンも増えてきたし、なによりメインにしていたマシンの調子が悪く、いよいよ変えざるえなくなってきた。今、買うとしたらWIndows10しかない。

 で、印象としては8よりは格段にいい。とにかく8は勝手にインターフェースが変わってしまったり、突然フルスクリーンになったりと、あまりに変だった。結局慣れないままだ。はっきり言ってAndroidのようなタブレットOSを意識しすぎて、デスクトップでWindowsを使うという用途をないがしろにしているとしか言いようがない失敗作だった。
 Windows10はデスクトップで使うモードとタブレットで使うモードをはっきり分けている。どちらかに設定してしまえば、勝手にインターフェースが切り変わるというような馬鹿なことはなくなった。今回はデスクトップモードとして使っているが、これだと、7以前とあまりかわりない。

 もちろん、変わったところもある。一番とまどったのは、アカウントだ。最近のパソコンではアカウントがうるさく言われていて、どんな家庭用でもIDとパスワードをしっかり設定しないと動かなかった。だから、使い始めにはアカウントの設定を行うはずなのに今回それがない。で、どうするかといえば、マイクロソフトのIDをそのまま使うのである。マイクロソフトのIDは、以前なにかのソフトの登録のおりに取得していて、それを何気なく、使った。ところが、このIDにWindows10もマイクロソフトから買ったアプリも、クラウドストレージもすべて紐づけられてしまうのだ。この概念が理解しにくかったが、Windows10を使ってみて、これは確かに便利ではある。特にクラウドストレージがまるで自分のローカルのハードディスクのように使える。というか、そのようにマイクロソフトが仕向けている。アプリもパッケージではなく、Office365のようにクラウド版にしておくと非常にお得な設定になっている。マイクロソフトは消費者にあげてクラウドを使わせようとしているかのようだ。OSも含めてなんでもかんでもクラウドにあげてしまって、すべてをクラウド上で完結する時代への対応である。

 その意味で、パッケージソフトで勇名を馳せ、一介の学生ベンチャーから超巨大企業にのしあがったマイクロソフトがパッケージからクラウドへ舵を切った大きな変化の象徴がWindows10と言えるのではないか。Windows8はタブレットやスマホで主流のクラウドビジネスに操作法という外側から転換しようとして失敗したが、Windows10は使用感こそ従来のWindowsぽいが、中身はクラウドOSである。早速クラウドストレージを有効に使わせていただいている。確実に使用量の入るこの売り方の方が確かに賢い。

 ただ、すべてに便利ではあるが、これではマイクロソフトのWindows10を使っている限り、マイクロソフトの帝国に囲われてしまうことになる。このIDが悪用されたらと思うと、いささか怖い。マイクロソフトに個人情報すべてを握られているわけだから、購入履歴もなにもかも把握されてしまうわけだし、データも全部マイクロソフトに預けることとなる。もし漏洩とでもなったら、自分に関する情報から自分の使っていたファイルまでみんな流失してしまうことになる。

 Windows10の次、Windows11はもうないらしい。Windows10こそがパソコン最後のOS。あとはこれが細かく改良されていくだけだという。思えば、Windows2.0からはじまって、Windows3.0 3.1 95 97 XP VISTA 7 8 8.1とすべてにつきあってきたことになる。新しいものが出るたびに、使い方が微妙にかわって、混乱してきた。今度こそ本当に、これで最後のOSなのだろうな。

« 縦書きの必然性 | トップページ | Static おじさん »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90336/63272133

この記事へのトラックバック一覧です: ついにWindows10 :

« 縦書きの必然性 | トップページ | Static おじさん »