« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月に作成された記事

電子書籍は諸刃の剣

 電子書籍に関する議論がかまびすしい。現在の電子書籍端末を論って、懐疑的な人もいるが、実際に読んで見られることをお勧めする。活字を自分の好きなサイズに拡大して読める電子書籍の機能が、老眼鏡をかけて必至に細かい字を追わねばならない身には紙の本より便利であることに得心がいかれるはずだ。また、たとえ今の電子書籍端末が読みにくいものだとしても、電子書籍は市場に出たばかり。これからもっと読みやすい画面が開発されるだろうし、端末は薄く軽くなるだろう。なにより、電子書籍最大のメリットはそれが蔵書無限の図書館だということだ。通信機能を使えば、欲しいと思った時すぐにその本が現れる。評価の定まった古典を無料で堪能できるインターネットのサイトと電子書籍が結びつけば、いつでもどこでも無料で古典と親しめるという読書人にとって夢のような時代がやってくることになる。

 ただし電子書籍は残念ながら本ではない。本は紙を綴じたひとつの物理的実態だからこそ本だった。表紙もカバーもインクの匂いも含めて本なのだ。読み終わった本が一冊、また一冊と本箱に並んでこそ本なのだ。それに、紙の本の場合、いったん印刷されて書店に並んでしまったら、回収することはまず不可能。出来の悪い本をだせば返品のリスクもある。だからこそ、出版社は校正に万全を期し、確実に売れる部数を出版するというきめこまかな編集や営業政策をとってきた。これが結果として本の質を高めてきた。そして物理的実態としての本には印刷会社や製本会社の職人の思いが込められ、本屋の店頭での出会いを通じて、豊かな読書文化がかたちづくられてきた。

 今はまだ本の文化と電子書籍の文化は競合することもなく棲み分けている。むしろ電子書籍は過去に紙の本で培われてきた豊かな内容を電子化することで、あらたな読書文化を電子の世界に提供しようとしているかに見える。だが、この蜜月の時代は長くは続かない。これからは電子書籍オリジナルの内容が増えていくだろう。印刷と製本の工程がなく、紙もいらない電子書籍は出版を極めて容易にする。極端に言えば、作者の意志のみで出版が可能になる。印刷職人も、製本職人も、そして出版社の編集者もいらない。それで本が涵養してきた質が維持できるだろうか。とてもそうは思えない。

 いい本を作りたいという情熱が同じであれば、電子書籍でも質は低下しないとおっしゃる方もいるだろうが、今のインターネットの混沌をみると、とても信じられない。いい電子書籍もでるかもしれないが、それ以上に信頼性も質も保証されない悪い電子書籍が大量に出回る可能性が高い。そうした悪い電子書籍が安価もしくは無料で提供されれば、良くても高価な電子書籍は生き残れない。まして、紙代と製本代故に高価にならざるをえない紙の本は生き残れまい。電子書籍は単に新たな読書手段を提供するだけにとどまらず、紙の本の文化まで破壊しかねないのだ。

 紙の本をもう一度見直していただきたいところだが、電子書籍の利便性はもはや誰にも否定できないところまで来ている。だとしたら、電子書籍でも質が担保できる方策を考えて実行に移さなければ、読書文化は奈落に落ちる。


初出 京都新聞 私論公論 2011/5/27

今日からスマホ

 私のガラケーも買って3年。これはこれで非常に重宝なのだけれど、最近、印刷関係の集まりにいくたびにスマホ自慢になる。それで突然思い立って、今日からスマホである。iPadを使って、タッチパネルが想像以上に使えると思えたことも背中を押した。なにより、まずは印刷の敵であるところのIT機器を知らなければね。

 スマホは小さいながら一昔前なら立派にパソコンとして通用する機能をもっている。メイルはいわゆる携帯メイルだけでなく普通のPC用のメイルアドレスが使えるし、インターネットもPC用のWEBページが見られる。他にもいたれりつくせりだ。もちろん、断るまでもないが電子書籍だって読める。それに加えて携帯メーカー各社はちょっとでも他社のスマホと差別化しようと、次から次へと機能が増える。私の買ったスマホなんかは3D表示や3Dゲームができたりする。

 もう機能が充実していることには驚かないが、パソコンとして考えると画面が小さすぎて使いにくい。むしろガラケーの方が画面が小さいことに特化してソフトが作られていて、実用的には便利だった。たとえば、新幹線の切符はガラケーから簡単に買えるようになっていたが、スマホではこれができない。新幹線の切符を買うには、一々、パソコン用のネット予約サイトを使う必要があるが、さすがにスマホの小さい画面でパソコン用のサイトを表示するのは難しい。

 と、いきなり説明なしに始めたけれど、「ガラケー」だの「スマホ」だの、いささかネーミングとして品が悪い。ガラケーはガラパゴス携帯電話。ガラパゴス諸島の生物のように閉ざされた日本という市場で独自に進化をとげた高機能携帯電話のことをいう。「スマホ」はスマートフォン。パソコン機能も兼ね備えた携帯電話のことだ。ねんのため。

 スマホを買って、一番便利に使っているのがスケジュール機能である。スケジュールをパソコンで管理し、それをクラウドのサーバーに保存すればスマホからでも閲覧したり、書き込んだりできる。スケジュールは基本的にパソコンの大画面とフルキーボードで効率的に管理して、外出先ではスマホでスケジュールの確認をしたり新しい予定を備忘として書き込む。この使い方はパソコンでスケジュールを管理するようになってから、ずっと思い描いてきたものだ。しかしなかなかいいソフトやシステムがなかった。

 スケジュール管理には手帳代わりに使えるその名も電子手帳というものもあった。しかし、電子手帳では、いったんそれを使い始めるとスケジュール管理は電子手帳でしかできなくなる。パソコンで管理したスケジュールは電子手帳では使えなかった。もちろん常に電子手帳を持ち歩いて、電子手帳にスケジュールを集中すればいいのだが、あの電子手帳の小さい画面でスケジュールを入力する気にはなれなかった。しかたがないので、パソコンで管理したスケジュールを出張前にプリントアウトして持ち歩いたり、メイルでスケジュールを自分の携帯宛に送ったりして、なんとかダブルブッキングを防いできた。それがスマホですべて解決なのだ。パソコンで普通に管理したスケジュールがスマホでも完全に連動してしまえる。

 スマホはもはや携帯電話ではなく、「電話機能も使える情報端末」といっていい。もちろん、「電話機能も使える情報端末」というのはガラケーの時代から言い古されてきたが、ガラケーの時は「あえていうならば」という留保つきのところがあった。スマホはパソコン並の機能を常に持ち歩いているという意味で、真に情報端末の名にふさわしい。それが電波で常にインターネットとつながっているという点でやはり革命的だ。ガラケーのようにガラケーのみのネット世界で閉じていない。パソコンの作るネットワークという広大な世界ともシームレスにつながっているのだ。

 こんなものをみながみな腰にぶらさげて、あるいはポケットにつっこんで歩くという時代、本なんか売れるわけはないなあ。

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »