« 我、電子書籍への抵抗勢力たらん | トップページ | 寓話、大波・小波 »

本が好きですか

 企業を経営したり企業に勤めたりする人は、通常、その扱っている商品を好きなものだ。自動車会社に勤める人は自動車が好きでたまらないから、数ある会社の中から自動車会社を選ぶ。昔、中学を卒業して印刷会社に就職する子供は、鉄工所に勤めようか、寿司職人になろうか、大工になろうかといくつもの選択肢の中から印刷会社を選んだ。それは本が好きだったからだ。「本が好き」。これは印刷に携わる者には共通の思いだろう。

 私も、もちろん本が好きだ。私の家には図書室とは言わないが、本箱を並べた本を収めるためだけの部屋がある。この部屋で背表紙を見せて並んでいる本を眺めるのが好きだ。時には手に取ることもあるが、内容は二の次。とにかく本に囲まれているのが好きだ。

 実は本好きにも二種類ある。本の内容が好きな人と、本の形態そのものが好きな人だ。おおむね、愛書家といわれる人はこの二つをあわせもっているわけだが、印刷会社に勤めていると、内容より本の形態そのものにこだわってくる。紙の質、造本体裁、そして組み版。内容より本という形態に惚れこんでいくわけだ。出版社の人も内容にもこだわるが、本という形態そのものが好きという人が多い。我々は良い本を作りたい。それは本そのものが好きだからというのは多分にある。

 しかしインターネットの時代、本は本の形態をしていない。電子書籍は画面の中に本の内容をうつしだすが、本の形はない。組体裁だってブラウザの調整ひとつで大きい字に出したり色を換えたり自分好みに変えられる。PDFはかろうじて組体裁までは保持できるが、逆に言うとそこまででしかない。ここにきて出版社や印刷会社に勤めている人間は自己矛盾に陥ってしまう。本の形態が好きで本を作る印刷会社につとめたのに本が本ではなくなってしまうのだ。内容はいつのまにか「コンテンツ」と名前を変えて(英語にかわったただけともいえるが)、本とは別の商売となっている。

 経営学の教科書に必ず載っている有名な話がある。アメリカの鉄道会社の凋落である。アメリカの鉄道会社が凋落したのは飛行機や自動車の発達が原因ではないという。鉄道会社は元々交通の主役であり、鉄道に限らずあらゆる移動に関するノウハウをもっていた。そして所有資産も街の一等地にある駅など優良な物ばかりだった。つまり、鉄道「会社」を発展させるつもりならあらゆる可能性があったのだ。しかし、鉄道会社の経営者も社員も「会社」よりもまず鉄道と機関車が好きだった。そして鉄道と機関車を存続させることに資源と情熱を浪費した。鉄道「会社」ではなく「鉄道」会社であろうとしたのだ。会社を存続させるためには環境に応じて業態は変わらなければならない。売っているものが好きであっても、それが社会から必要とされなければ、新たな方向を考えていくのが経営だという教訓なのだ。

 印刷会社の経営者は「本」の形態が好きであっても、会社を存続させるということからすると、それにこだわってはいけないということになる。印刷会社からコンテンツビジネスへの変化という時代を考えれば業態は変えるべきなのだ。

 そうとも、それは正しい。正しいのだが、私は蒸気機関車と殉じたアメリカの鉄道会社が愛おしい。本とともに会社を沈没などさせてはいけないことはわかっているし、未来の電子書籍の可能性を疑ったことがない。それでも私は本が好きなのだ。この感情だけはどうしようもない。

2006.12 印刷雑誌所載 改稿 10/03/28

« 我、電子書籍への抵抗勢力たらん | トップページ | 寓話、大波・小波 »

コメント

機能の記事にもコメントしようと思ったのですが。。お気持ちはよく分かります。私も本が大好きでして家も会社も本の山になっています。読むのはもちろんコレクターでもあるということですね。捨てられませんから。
ご存知のように大日本や凸版は早くからネット、デジタルへと方針転換しております。彼らの下請け孫請業者は発注が激減して。。。とよく聞きますが、正直切り捨てなのでしょう。自らを犠牲にしてまで取引先を救う経営者は希有でしょうし、経営者としては失格ですものね。我ら零細出版社も先行き不安はものすごくあります。けれど会社のためといいますか、社員のため、もちろん自分のためを考える時、泣き言は言っていられません。次の一手が何かを考えて実行するのが経営陣の役目かと思います。ヒトより半歩先に手を打つのが有効でしょう。一日嘆けば一日遅れる。私はそう思うのです。

私も本が好きです。が、愛書家ではないようです。転勤族の習いで身軽でありたい理由で蔵書大処分を三度断行したから。年を重ねたいま、本を読んでいるとき、同じ著作者や、同種テーマの本を再読したくなります。手元にないことが本当に残念です。私の場合、本の形態より本の内容をより好んでいるのでしょう。パソコンを常用しますが電子ブックより「本の質感」が好きですね。
中西さんは好きだからこそ、感情発露が先に進む道の妨害とならぬように悩みが深いのですね。中西さんの代で、敢えて『抵抗勢力』(トレンドに乗らず他の道を、と理解します)で生きるのも道、またビジネスモデル転換で生きるのも道。経営者の判断が一番重視される切所なんでしょうね(需要分野が狭まってもローテクで生き抜いている企業があるようです)。私のコメントでも書きましたが「本」の業界のバリューチェーンへの関わりなど、新しい出会いの場での奮闘を期待します。

西村敏雄様
瀬戸口毅様

まとめレスで失礼します。(この書き方も掲示板時代の癖ですが)

経営者にとって難しい時代ですが、経営とは時代への適応が仕事だと思っています。次の一手はなになのか、当事者すぎるとなかなか思いつきませんが、感覚をとぎすまして、行く道を見定めたいと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本が好きですか:

» ティータイム [We See]
  今朝、いただいたコメントから、ドラッカー生誕100年目であることを知りました [続きを読む]

« 我、電子書籍への抵抗勢力たらん | トップページ | 寓話、大波・小波 »