« カウンタープロジェクト | トップページ | NIHプロポーザルからコーニン・リーバーマン法案へ »

ウェブ進化論

梅田望夫「ウェブ進化論」(ちくま新書 2006.2.10)という本を読んだ。これはもう絶対のおすすめ。特にアマゾンの「なか身!検索」に違和感を感じる向きには、相手側の論理を知る上でも貴重な文献だろう。インターネットの最新情報とそれにもとづくメディアの変化を追った本というのはあまたある。私も、この世界をウォッチするものとして、様々な本を読ませていただいたし、私自身「本は変わる!」という著書の中で、紹介もしてきた。しかし、この本はまったく新しい存在に変わろうとしている現在のインターネット(Web2.0)を提示してくれていて、これはもうメディア関係者は必読だろう。

 いろいろな現象が紹介されているが、私のみるところ、インターネットの玉石混交問題をテクノロジーで乗り切ろうとするグーグルという構図が、著者のもっとも主張したいところではないか。インターネットの玉石混交問題とは、インターネットには誰でも作者となれるという面があるが、それ故にメディアとしては、あまりに質の低い情報つまり石が多く、その中から質の高い情報、「玉」をみいだすのが難しくて実際上使い物にならないというものである。インターネットのメデイアにおけるあまりの破壊的影響力故に、本の作り手が主張してやまない理屈だった。

 本当に役に立つ情報がインターネットでただで手に入れられてしまえば、誰も本など買わなくなる。これは誰でもそう思う。情報それ自体はいくらでも手に入れられるがその中で、正確で有用な情報を選んで、読みやすい形で提示するのが本の作者であり、編集者であり、出版社だと思ってきた。ネット時代となって、携帯電子本のようなものが普及したとしても編集という行為は残るというのが、本の作り手の最後の砦だったはずだ。これがグーグルでかわるという。もちろん「玉石混交問題を解決する糸口がITの成熟によってもたらされつつある」と表現は慎重だが。

 その実例としてWikipediaやオープンソースをあげている。インターネット百科事典Wikipediaの実験の紹介は秀逸。「Wikipediaの記述をわざと誤りに書きかえたところ、わずか数時間で修正された」というものだ。インターネットの情報という石は「個」のネット上の営みが集積されることで玉に磨かれていくということなのだ。そしてそれを保証するのがテクノロジーという割り切り。

うーん。落ち着いて反論すれば、いくらでもできそうな気はするけれど、一本とられたな。というのが今のところの正直な印象ではある。

(2006.2.10)

« カウンタープロジェクト | トップページ | NIHプロポーザルからコーニン・リーバーマン法案へ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90336/8846788

この記事へのトラックバック一覧です: ウェブ進化論:

« カウンタープロジェクト | トップページ | NIHプロポーザルからコーニン・リーバーマン法案へ »