« オンラインジャーナルとは | トップページ | OLJサイトの種類 »

OLJの形態

ひとくちに全文のインターネット掲載といっても、いろいろな形態がありえます。最近の進んだオンラインジャーナルではPDFとHTMLを併用する例が多いようです。

<画像公開>
もっとも古くから実行されていたものに、本1冊まるごとを1ページづつスキャナで読み取り、全ページを画像の形で保存するという方法があります。この方法は本ができてさえいれば、すぐに実行できますが、単語検索ができなかったり、画像のため伝送に時間がかかったりして、他の方法が普及した今ではあまり意味がなくなっています。

<PDF>
その次に、印刷のための出力データを電子的に保存するPDF(Portable Document Format)という技法があります。これは誌面をスキャナで読み取るのではなく、印刷の仕上がり状態そのままを電子的に変換してファイルに保存公開するものです。読者は、特別なソフト(Acrobat reader)を使ってそれを読むことになります。誌面そのままを電子データにできますので、特別な手間がかからず、実行もしやすく、オンラインジャーナルというとまずこの段階からスタートされる例が多いようです。ただ、この技法も紙の本の誌面体裁そのままが画面に表示されますので、画面上では読みやすくありませんし、検索などもそれほど自由にはできません。

<HTML>
一番、オンラインジャーナルとして有効なのは、インターネット専用言語であるHTMLで書かれ、誌面も画面用に特化したHTML技法です。紙の誌面とはまったく独立して、画面で読みやすいように誌面を構成できますし、検索やリンクも自由で、特に引用文献リンクは便利なことこの上なく、オンラインジャーナルの究極形態はこのかたちになると思われます。反面、作成に非常な手間がかかり、費用もかさみます。紙の誌面とHTML版をいかに効率よく、ひとつのソースから作り出すかという技量が問われます。現在では、HTMLの上位互換言語であるSGMLを使って、紙版、電子版を同時に効率よく組版する汎用組版などがこころみられています。

« オンラインジャーナルとは | トップページ | OLJサイトの種類 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90336/3225786

この記事へのトラックバック一覧です: OLJの形態:

« オンラインジャーナルとは | トップページ | OLJサイトの種類 »